もう少し収入があればと思っています

我が家の収入は月に27万円です。 毎月かかる生活費用を考えるともう少し収入が欲しいところですね。

毎月かかる光熱費や食費などについてはこのような感じです。

・家賃40000円 ・食費30000円 ・習い事15000円 ・給食費8000円 ・交通費10000円 ・通信費12000円 ・レジャー・外食30000円 ・ガス代4000円 ・水道代5000円 ・電気代7000円

合計161000円です。

毎月10万以上は貯金をしていますが、ここには保険の支払いなどは入っていません。 保険などはボーナスをあてにしています。

食費に関しては、家庭菜園をしているため茄子やトマト、キュウリ、いもなどは作って食べているので少しは節約になっていると思います。

家賃が少ないのは、一括払いで中古の家を購入したのですが、両親にお金を借りているため返済を毎月4万円ずつしているのです。

毎月、大きなお金はでていきませんが、時々バイクや車を購入するので貯金がガクッと減ってしまいます。 我が家は、ローンは組まないでおこうと決めているのはいつも貯金して、現金払いです。

子育てにはたくさんお金がかかると言われていますが、本当に習い事などでこれからも出費は増えるのだと思います。

今は小学生ですが高校や大学となると学費も増えると思うので、頑張って貯金をしたいと考えています。

よく学生ローン(http://www.2009saigai.jp/)を利用したらいのに…って言われますが、出来るだけ借りずにしたいんですよね。どうしても返済の事を考えたら気分的にも落ちてしまうので。。。

光熱費は、割と少ない方だと思いますがお風呂のシャワーを節水用に変えたり、電気をLEDに変えたりと工夫もしています。

旅行などに行くと生活費はもっと高くなります。

土曜日, 7月 12th, 2014 未分類 コメントはまだありません

中学入学時の、変なお金のかかり方について

中学校の「制服」っておかしく無いでしょうか?あれだけは、どうにも納得が行きません。

そもそも、公立の学校で、教科書は無償なのに、制服だけ親が買えというのは変です。 しかし、買わないで私服で通うと、「校則違反」と言われます。

これが都立高校だと、服装は自由のところも多く、「標準服」は着たければ着ても良い、という扱いです。 どう考えても、これが自然ですよね。

という事で、中学生の親は、事実上「強制的に制服を買わされている」という話です。

その制服も、適正な価格とは思えません。 百歩譲って、制服は良いとしても、体操着や体育館履きなど、どこがそんなに高級なんでしょうか?

なんだかんだで、一式10万円を超えますよ? ヘタすると、父親のスーツの方が安物ですよね。

正直我が家の場合は、そんな金銭的にも余裕があるわけでもないので、この制服代には困りましたね。かといって買わないわけにもいかないし。。。

仕方なくお金を借りて購入したのを覚えています。。。

※・・・http://xn--nbke909tlwbv3bc50amwcfz4b.com/

この他、中学校は、ヘアゴムは黒など、「何故?」と思う様な規則が多すぎます。

これは、私が中学生の頃から同じでしたが・・・。 何十年経っても、日本の中学は異常なままなんですね。

いろいろと疑問はあるのですが、制服に関しては利権がらみとしか思えません。 制服は、取扱店が限られていて、一般の店では扱っていませんしね。

お金がかかるのは仕方がないとしても、もう少し納得した使い方をしたいものです。

金曜日, 6月 20th, 2014 未分類 コメントはまだありません

本田選手のミラン移籍

僕はサッカーが大好きなんですが、最近のサッカー関連の話題といえば、日本代表のカリスマ、本田選手が名門クラブセリアAのACミランに移籍するかですよね。

今はロシアのクラブにいるんですが、ぜひミラン移籍へ実現して欲しいですね。やはり日本が強くなる為には、このようなビッグクラブに入るのは大きい事だと思いますからね。

しかもミランに加入したら、インテルの長友選手との対戦もありますしね。しかもミランとインテルといったら伝統のミラノダービーと言われた、毎回白熱した試合になりますからね。実現したら楽しみですよね。

他にもマンチェスターUの香川選手もビッグクラブに移籍して、日本人もドンドン世界に通用するようになってきていますよね。

来年のブラジルワールドカップが楽しみです。

会社の運転資金借り入れ

従業員10人に満たない小さい会社を経営しています。 私は2代目社長で、父親が30年前に創業して以来赤字決算を一度もだしたことがありません。そのせいかしれませんがメインの取引銀行はじめ、口座を持っている銀行の外交担当者からお金を借りてくれとよく言われます。

年商は1億~1億5千万円くらいの会社ですが5000万円位、7年返済、運転資金でどうですか、っていう感じの話が多いです。この不況の折、設備投資ではなく運転資金には制度融資と言って公的補助がつくみたいです。   返さなくていいなら借りるんだけどねーなどといってはぐらかしていました。いくら低金利、2%程度とは言え、1000万で年20万円ですから馬鹿にできません。しかし付き合いもあるので先日3000万円程融資してもらうことにしました。この場合借りるのは法人である会社で、私は連帯保証人となります。

私は不動産を所有していませんが経営内容が良いし、会社自体不動産を所有しているので、審査は全く問題なく通り口座に3000万円が振り込まれました。確かに月末の支払い等で資金繰りに悩むこともなくなり気分的には楽になりました。   こんな我が社ですがたまに得体の知れない金融業者から「審査の結果貴社なら即日融資!250万円まで!」などというFAXが入ると吹き出しそうになってしまいます。

日曜日, 7月 14th, 2013 未分類 コメントはまだありません

カードローン利用法

コチラのサイトでは銀行カードローンについての記事を紹介しています。

初めてカードローンを利用する場合は、申し込み方、利息、審査基準など分からない事がたくさんあり不安もあると思います。

そういった事も細かく説明していくので、ぜひ参考にして頂けたらと思います。

ただ、借りすぎには注意しましょうね。しっかり計画的な利用をするのがイイですよ♪